代表取締役社長
川下英次郎

PROFILE

1993年、西日本鉄道株式会社入社。入社以来、バス事業でキャリアを積み続ける。西鉄バス佐賀株式会社、西鉄バス北九州株式会社を経て2015年西鉄観光バス株式会社の代表取締役に就任。

ある1日のスケジュール

  • ●09:00 出社、メールチェック
  • ●09:30 幹部会議
  • ●12:30 休憩(昼食)
  • ●13:30 社外会議のため外出

観光バスの仕事とは?

「まちに、夢を描こう」という西鉄グループの企業メッセ-ジのもと、九州の観光市場を創造・発展させる役割を担っています。福岡は海外からのお客様も多く、ここから日本の旅が始まるケースも多い。また、九州自体の魅力も上がり、国内のお客様も多く訪れてくださるようになりました。観光バスの旅は「非日常」の体験です。旅を通じて、お客様の心に良い思い出を残せる素晴らしい仕事です。

今後の成長戦略とは?

九州には魅力的なコンテンツが増えてきました。世界遺産の登録も進み、博多港には年間で400隻超のクルーズ船も入港するなど、海外のお客様も増加しています。また九州の各自治体は「観光産業」への意識・意欲も高く、今後も訪れてくださる方が増えてくるでしょう。その一人一人の思い出が良いものであるよう、一つ一つの仕事を丁寧に、安全で楽しい旅を創りあげる。それこそが私たちの成長戦略だと考えています。

今の西鉄観光バスに足りないところは?

ズバリ、運転士です。
ありがたいことに、お客様から観光バスの引き合いは多い。新型車両への代替も進んでいます。
車両の数・質はとても大きな競争力の源ですが、それを動かせる運転士はさらに重要な存在です。もちろん、誰でも良いというわけではありません。西鉄グループの一員として、九州を代表する観光バスを運転する誇りを持って仕事に取り組める、そんな運転士を求めています。

新しく入る社員に望んでいることは?

自ら気づき、考え、行動できること。
情熱を持ってチャレンジをすること。
それからコミュニケーション力です。
言葉にすると難しく感じるかもしれませんが、そんなことはありません。
お客様が喜ぶにはどうすればいいか。それを考え、実行するということ。また、運転だけしていればいい、自分だけ良ければいいというのは私たちらしくない。社員同士、お客様とも笑顔でコミュニケーションを取っていただきたいと思っています。

あなたにとって仕事とは?

社会の役に立つことです。私は社会人になってから、一貫してバスの仕事に取り組んできました。西鉄グループに就職をしたのも、生活に密着し、皆さまの役に立つ仕事をしたいという思いがあったから。今は社長という仕事を通じて、社員のみなさんの生活を守ること、やりがいや誇りを持って充実した仕事に取り組める会社にすることです。社員のみなさんが前向きに働くことが、お客様のお役に立つことにつながり、社会の役に立つことに繋がると考えています。

最後にこれを読んでいる方、またそのご家族へメッセージを

観光バスの仕事は、お客様の楽しい旅の思い出を共につくり、お客様から感動をいただける、とても素晴らしい仕事です。また、近年成長し続けている業界でもあり、安心・やりがいを持って仕事に取り組むことができます。西鉄グループには教習所もあるので、未経験の方も安心してください。九州の観光をともに盛り上げていきましょう。